パチンコ 大金星 相馬

パチンコ 大金星 相馬

「……?」「ふふ……」『ハッハ……』「……」 そしてそこに、幹部の姿は無かった

 "?"を浮かべて小首を傾げるリヤンと、やはりかと呆れたように笑うニュンフェに沙悟浄

あなたも好きかも:パチンコ屋閉店コロナ
ライは幹部が居るであろう正面では無く、別の方向──リルフェンの居る方を向いていた

「やっぱりアンタがこの街の幹部か……リルフェン? ……いや、リルフェンは恐らく仮の名……本当の名前は知らないけど……間違っちゃいないだろ?」「……ほう?」 そしてリルフェンに向け、軽く笑って言い放つライ

 それを聞いたリルフェンは相槌を打つように言い、薄ら笑いを浮かべる

あなたも好きかも:パチスロ ハナペカ 天井
「『……』」 そんなリルフェンに視線で何かを訴えるニュンフェと沙悟浄

 リルフェンはやれやれと呟き、その身体が変化して行く

「フフ、その通りだ少年

何処で気付いたのかと尋ねたいが、何度かボロが出そうになったから言うまでも無いだろう

いやはや、中々頭のキレるようだ……』「いや、別に頭がキレる訳じゃ無いけど……殆ど推測だしな

あなたも好きかも:dd北斗 パチンコ
まあ良いか……で、アンタは?」 徐々に人間の姿から変わるリルフェン

 身体中には深く暗い色の毛が生え、鼻や口が高くなり牙が生える

そして耳が頭の上に移動し、四足歩行へと変わり行く

『幹部の街……"ラルジュ・ルヴトー"の幹部……フェンリルだ……!』「……!?」「……フェンリル……成る程

少しもじってリルフェンね……」 リルフェンもとい──フェンリル

 幻獣の国"ラルジュ・ルヴトー"にて幹部を勤める者はフェンリルだった

 リヤンは目を見開いて凝らし、フェンリルを見る

そしてライはリルフェンと言う名の意味を考えていた

 幻獣の国に置いて、エルフ族であるナトゥーラ・ニュンフェ以外の幹部、フェンリル