オンラインゲーム 重い 原因

オンラインゲーム 重い 原因

シーラが半眼でこちらを睨んでいるのを気配だけで認める

「それはともかくとして」「ともかくってなによ!」「つまり、どういうこった?」 シーラは、ミリュウの憤然とした反応を黙殺してみせると、ウィル=ウィードたちを見やった

あなたも好きかも:elona カジノ いかさま
「つまり、あの地下遺跡がとんでもない規模のものだということです」「それはわかるけど……どれくらいの規模なんだ?」「王都ガンディオンを丸呑みするくらいでは足りないくらいの規模……かもしれません」「……なんだか現実味がねえ話だな」「そうはいっても、実際、広大だったのは事実だろ」「そこは否定しねえけどさ」 シーラが、その場に座り込んだ

あなたも好きかも:ダーツ ルーレット
地面を軽く叩いて、続ける

「でも、王都だぜ?」「シーラが言いたいことはわかるわ

ガンディオン、広いものね」「あれ以上に巨大な遺跡が地下に眠ってるなんざ、到底考えらんねえや」「確かにな」 セツナは、胸を弾ませながら草原に寝転んだシーラの言葉にうなずくほかなかった

「見てきたものなんて、通路ばかりだもんな」 長い長い通路と小部屋、たまに広い空間に出くわしたものの、そんなものばかりでは王都以上の規模の遺跡があるとは、とても考えられなかった

もっとも、移動距離を考えれば、それくらいあったとしてもなんら不思議ではない

「調査が進めば全貌も明らかになるでしょうが、その調査もすぐには終わらないでしょう」「これは我々情報部の仕事ではなくなるかもしれませんな」「ああ

国全体で取り組むべき事業になるのは、間違いない」 ウィル=ウィードは、遺跡の開口部を見やりながら、確信を込めてつぶやいた

 事実、地下遺跡発掘事業は、ガンディア政府主導の元、国を挙げての大仕事して取り掛かられることになる

 セツナたちは、そんなことになるとも露知らず、頭上に広がる星空を眺め続けた

セツナたちが遺跡調査団とともに王都に帰還したのは、遺跡と地上を結ぶ通路を発見した翌日のことだ

 地上に出たセツナたちは、そのまま、その場で一晩過ごし、翌朝、王都に帰還することとなった

遺跡内の探検を続行したいと考えるものも少なくはなかったものの、遺跡内部の調査は段階を踏んで行われることが当初から決まっており、別の出入り口が見つかったことは、第一次調査の成果としては十分なものだとして結論付けられていた

 遺跡が想像以上に大規模なものであり、本格的な調査を行うには人数も装備も物足りないということがわかったということもある