夕陽のガンマン パチンコ

夕陽のガンマン パチンコ

もちろんそれが僕の幸せに直結するかどうかは別だけど可能性はあるはずだ

そこに僅かな希望を願いながら、もう一度シェリルに話し掛けることにした

「それで、僕達はこれからどうすれば良いんだ?」「そうね~

とりあえずは今後の方針が決まるまで待機かしらね

まだ全員が揃ってるわけでもないようだから、作戦会議は全員が揃ってから始まると思うわ」…と言うことは、300人が揃ってからか

あなたも好きかも:真 北斗無双 パチンコ やめどき
周囲に視線を向けるシェリルと同じように僕も室内を確認してみた

今ここにはざっと200名ほど集まってるようだけど

あなたも好きかも:パチスロ サムライスピリッツ 天井
総勢300名までには届いていないと思う

「まあ、しばらく待機ね」シェリルは空いている席を選んで静かに腰を下ろしている

「京一達も少し休んだら?焦らなくても、すぐに全員集まると思うわよ

」………

…せっかく急いできたのに、こんなにゆっくりしていていいのか?人が集まっていないにしても他にできることはあると思うんだけど

体を休めてくつろぐシェリルは特に気にしていないようだ

…まあ、僕達だけが焦っても仕方がないから大人しく待つしかないのかな?シェリルののんびりさに戸惑いながらも、ひとまず休憩をとることにしてみる

「それじゃあ、僕達もちょっと休憩しようか」ほぼ一晩中の間、イーファ国内の移動を続けていたわけだしね

自然と大きくため息を吐いてしまう

「はあ…

最近、歩いてばかりで、正直体中が痛い…

」足腰だけではなくて、全身に及ぶ疲労なんて何年ぶりだろうか