プロバイダ ゲーム向け

プロバイダ ゲーム向け

「正式採用のライフルとか考えてたのに………」「へえ? 何にするつもりだったの?」「AK-47とマカロフ」 どちらもロシア製のアサルトライフルとハンドガンである

 他の国に派遣する場合は別の武器にするべきだし、臨機応変に武器を変えた方が効率的なんだが、少なくとも雪国のオルトバルカ王国で戦うならばロシアの銃が適任だろう

気候も似ているし、武器は滅茶苦茶頑丈だからな

「ふにゅ、狙撃手も育成するの?」「ああ」「じゃあ、狙撃手の銃はSV-98にしようよ! 私もあれ使ってたし!」「お姉様、ドラグノフも捨て難いですわよ」 ま、また武器の論争が始まりそうだ………

あなたも好きかも:スロット 裏 物 販売
 とりあえず、テンプル騎士団の人員の事は旅をしながら考えよう

このまま話を続けていたらヤバい

「次の目的地は、ヴリシア帝国ですね」「ああ」 アイテムをコートのホルダーに入れ、ポーチの中身を今のうちに確認しておく

あなたも好きかも:神戸 灘 パチンコ店
銃のチェックもやっておきたいところだが、街中でこの世界に存在しない銃を見せびらかしたくはないのでチェックは郊外でやろう

アイテムを販売している露店の近くでチェックするのは、あくまでアイテムと接近戦用の得物のチェックのみである

あなたも好きかも:パチスロ ガールフレンド ddt
 これから俺たちは、このヴィラヌオストクから更に北に向かい、オルトバルカ王国の領土内で最も危険な場所と言われる『シベリスブルク山脈』を超え、ヴリシア帝国を目指すことにしている

 オルトバルカ王国は国土の4分の1が雪山になっている雪国だ

シベリスブルク山脈は、その雪山の中でも最も高く危険な場所である

山脈の全域が危険なダンジョンにしているされている雪山で、エンシェントドラゴンに匹敵するほど危険な魔物がうようよ生息している危険地帯なんだが――――――最も危険なのは、その魔物よりも環境の方だ

 手前の小さな山脈はごく普通の雪山なんだが、中心部へ近づくにつれて段々と気温は低くなり、常にブリザードが荒れ狂っている

そのブリザードの先にあるシベリスブルク山脈は永久凍土となっており、最深部の最低気温は-102.8度だと言われている

 屈強な冒険者や魔物でもあっさりと凍えてしまう気温だ

しかも山脈の周囲は危険な魔物が徘徊しているため、開拓どころか調査すら進んでおらず、ここを調査しようとする冒険者は数少ない

 ちなみに、オルトバルカ王国ではシベリスブルク山脈をダンジョンだけではなく流刑地にも指定しているらしく、犯罪者はここに追放される事があるという