1日 イベント パチンコ

1日 イベント パチンコ

彼にとって、彼女はこの世界でもっとも大切な相手だった

あなたも好きかも:パチンコ 銀座会館
「ソルか

あなたも好きかも:ぎんがおとめ パチンコ 甘
いや、ついうたた寝をしていたようだ」「何か私の名を呼んでいたようですが……」「ああ、昔の……そうだな

とても昔の夢を見ていた

あいつの顔もあったな」 とても懐かしい顔ぶれが夢の中で並んでいた

同時に当時の恐怖も蘇った

ライルがあいつと言った相手は、あの当時でも戦いから離れていたはずだが、なぜだか今の自分でもまったく勝てる気がしなかった

あなたも好きかも:ゲーム パチンコ台
「あの姉馬鹿め」 そんなことを口にしてライルが笑うとソルが首を傾げる

「あなた、それは悲しい夢だったのですか」「いや、なんでそう思う?」 不思議な顔をするライルに、ソルが自分の手をライルの頬に当て、流れた涙を拭った

「男の方が涙を流すなんてことはそう多くはないのでしょう? アオからそう聞いていますわ」「まあ、そうだな

けれど、これは嬉しいときの涙だソル

あの連中と、あいつと、夢の中だとしても再会できて……俺は嬉しいんだよ」 ライルがそう口にする

あの夢で見た光景をもう二度と目にすることはないのだとライルは知っている

けれども、それは決して悲しいことではない

あの頃の自分たちの旅は、今も薄れぬ黄金の記憶としてライルの心に刻まれている

それからライルは笑って、ソルを見た

「まだ小さな頃のお前の姿もあったぞ

今と変わらず、抱きしめたくなる愛らしさだった」「あらあら、恥ずかしいですわね」 そう口にして顔を赤らめるソルに、ライルの頬が緩む