カジノ 北朝鮮

カジノ 北朝鮮

「何かな?」 ベンゼルがエミリィの方を向いて尋ねた

「そのカザネ達が受けてる依頼ってそんなに難しいものなんですか?」 当然といえば当然の疑問である

自分たちがいつの間にやら巻き込まれているものの正体が結局伏せられながら進められている

気持ちの悪い話だった

あなたも好きかも:パチンコ おおうみ
「そうだね

僕も内容は知らないけどそちらの彼女にしかできない仕事だとは聞いているよ」 ベンゼルはそう言って風音を見た

それに対し風音は少し考え込んでから口を開いた

あなたも好きかも:パチスロ タイムクロス
「まあ、仕事自体は大したことないよ

ミンシアナから東の竜の里に荷物を運ぶだけだし

どっちかというと技能の問題かな」 必要なのは風音ではなく風音のアイテムボックスだ

故に弓花や直樹でも代用は利く

あなたも好きかも:パチンコ ゴミ店
問題は『何』を運んでいるかということだが、「エミリィ」「うー了解、兄さん」 尋ねたさそうな顔をしていたエミリィをライルが制した

それに対し風音は申し訳なさそうに笑うと、「まあ、あっちにつけば話せるかもしれないしね

気になるならここで待っててもらってもいいけど」 そう答えた